第811回:隅木(すみぎ)と垂木(たるき)

建て方2日目です。


1階、2階と組み上がり、引き続き、屋根を組み上げます。


屋根にも色々な形があります。

今回は寄棟(よせむね)です。

屋根が四方に面を持つ屋根です。


特徴としては外壁に妻壁(つまかべ)が無いので、雨仕舞(あまじまい)に優れています。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑そして、寄棟は各屋根面の継ぎ目部分には隅木(すみぎ)が載ります。

屋根の下地の垂木(たるき)は隅木に添えていきます。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ


↑隅木に添える為、垂木の長さは1本1本違います。

なので、屋根に上げる前に寸法を計って、切り揃えます。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑そして、各面で垂木の切り口が異なるので、各面の屋根に合わせて、切り揃えます。


1面1面長さと角度を確認しながら組んでいきます。


つづく。


【第一建築業のホームページ】

https://www.dai1kenchikugyou.com/