第823回:カウンターと厚み

対面式キッチンへのリフォームの現場からです。


キッチンが移動するに伴い、調理家電を設置、収納するスペースが必要です。

今回はそのカウンターは窓際に作成します。

キッチンの真後ろの家電を設置するカウンターを設けます。


事前に設置する物を確認します。

・電子レンジ

・オーブン

・炊飯ジャー

・コーヒーメーカー

・電気ポット

などを配置します。


そこで重要になるのはカウンター材の厚みです。

カウンターの長さが長く、重い物を配置する場合は、カウンター材がたわまない様に厚みのある材料を選びます。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑今回は長さが2.5mあるので、たわみを抑える為にも袖壁を2か所設け、厚さ3cmのタモの集成材にしました。

パッと見は厚みがあると、カウンターに重量感がでます。

すっきり見せたい時はカウンターの厚さを1.8cm、2cm程度に抑えてあげるとよいです。


薄くする分、たわみ等の注意が必要ですね。

今回はしっかり支えてくれるカウンターになるように厚めにしています。


つづく。


【第一建築業のホームページ】

https://www.dai1kenchikugyou.com/