第822回:吊り戸の下地

対面式キッチンへのリフォームの現場からです。


今回は対面式キッチンの上に吊り戸を取り付けます。

吊り戸を取り付けると、

・吊り戸自体の重さ

・吊り戸に収納する食器等の重さ


かなりの重量がかかります。


機械式の吊り戸の場合は吊り戸事態で50kg以上の重さがあります。

その為、天井からそのまま吊るすことはしません。


天井を撤去して、天井裏の、梁、桁の横架材など荷重を支えられる部材を確認する必要があります。

横架材の位置に合わせて、吊り戸の位置を微調整したり、

無い場合は脇に柱を建てて、柱間で荷重を支えられるようにします。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑天井裏の横架材です。


荷重がかかる部分なので、しっかりした下地で支えたいと思います。


つづく。


【第一建築業のホームページ】

https://www.dai1kenchikugyou.com/