第861回:排水ルート

今日は外構の現場からです。


住宅までの敷地を土間コンクリートで打設します。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑今日はワイヤメッシュ敷きがありました。

奥からワイヤメッシュを敷いています。

コンクリートを打てば、大丈夫という訳ではありません。


砕石を敷いて、ワイヤメッシュを敷いて、目地を組みます。

ただ、コンクロートだけを打設しても、年数が経つとひび割れてしまいます。

せっかくの工事ですので、金額の制限もありますが、できる限り長持ちする施工を提案させてもらっています。


そして、タイトルにある通り、コンクリートを打設する際、重要なのがコンクリートの上を流れる雨などの排水ルートです。


今回はU字溝にキレイに流すため、雨を集約する箇所を用意しました。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑木材を丸く加工して、その上に目地を設けます。


写真のようにコンクリートの上を流れる排水を1点に集める計画です。


コンクリートを打設すると草が生えなくて、庭掃除の手間が省けますが、大雨などの時は雨水が溜まる問題があります。


コンクリートの場合はしっかり排水するルートの確保が重要です。


つづく。


【第一建築業のホームページ】

https://www.dai1kenchikugyou.com/