第894回:瓦のコーキング留め

今日は朝から雨漏りの現場に行ってきました。


昨日の夕方の雨で雨漏りが発生したそうです。

風もかなり強かったので、しゃげこんだ(新潟の方言で風が横から強く吹くこと)ようです。


その屋根を見て。。。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

↑瓦をすべてコーキングで留めてありました。

これは風が強い場所で、強風の時や台風の時に瓦が飛んで行かないようにする目的でこんな修繕をする場合があるそうです。

しかし、これをしてしまうと、雨漏りが発生した時は瓦の調査ができません。


瓦を取り外す前にコーキングを切ってあげなければなりませんし、そのコーキングもしっかり剥がさないと瓦の重ねがズレてしまいます。

また、古い瓦の場合は、下地(木端、銅線、ルーフィング)も劣化している可能性があるので、屋根リフォームの際、手間も増えてしまいます。


地元の業者さんでは採用されないので、私も現物は初めて見ました。


瓦リフォームをする際は、この瓦コーキング工事には十分に気を付ける必要があります。