第925回:畳のお手入れ

今日は荒床(あらゆか)の張り替えを行った現場に畳が搬入されました。



↑1枚1枚搬入されます。


表替えをしてもらながら、畳の調整をしてもらいました。


↑上がビフォアで下がアフターです。

隙間をしっかり調整してもらい、ぴったりです。



↑足で踏みながら、高さを調整しています。



↑敷居の部分で25年前(手前側)と今(奥側)の畳です。

ここまで色が違います。



↑これで無事に工事完了です。

先日までは「杉板」のいい匂いがしましたが、今は「いぐさ」のいい匂いがしました。


ちなみに畳の掃除方法ですが、

1.ほうきで掃く

2.クイックルワイパーのようなもので表面をふき取る


掃除機だと吸引力が強いので「いぐさ」の表面を引っ張ってしまいます。

できるだけ手掃除をすると畳の持ちは格段に上がります。

せっかく畳が新しくなったので、大変ですが、お手入れも気持ち新たにがんばりましょう。


ちなみに、畳屋さんからは「吉備の箒」が使い易いと教えて頂きました。

ちょっと探してみようかなl。。。


つづく。


【第一建築業のホームページ】

https://www.dai1kenchikugyou.com/