第939回:カーポートの仕様

今日は久しぶりの快晴の一日でした。


新潟の冬は曇りか、雨か、雪が主流の日々です。こんな天気はホントに珍しいです。

雪も少なくて、このまま暖冬でいてくれればと思っています。

(スキー場は大変なので、場所によりますが。。。)


午前中はカーポートの敷地調査に伺ってきました。


↑快晴だったので、採寸も快適です。


最近は自動車の車庫はカーポートが主流になりました。

雨風で濡れてしまうため、モノが収納できないのは難点ですが、工期、費用ともに縮小、短縮できるのが大きなメリットです。


カーポートは基本的に既製品です。

なので、1パターンの商品と思われますが、いくつかの検討、選択することがあります。

色だけではありません。


柏崎も雪国なので、屋根の雪の耐久性をどうするか?

格納する自動車によって、幅をどうするか?

敷地、自動車によって、高さをどうするか>
風の強い場所では振れ止めをもうけるか?


など、場合によっては特注でオプションを付けていきます。


独自のカーポートになりそうなので、また、報告したいと思います。


つづく。


【第一建築業のホームページ】

https://www.dai1kenchikugyou.com/