第952回:排管移動

今日もトイレのリフォームの現場からです。

解体が終わり、新しいトイレに合わせて、トイレの排水管の位置を合わせます。


↑設備屋さんに新しい配管を用意してもらいます。

配管を移動してもらったら、床の下地を作ります。
当時は断熱材が入っていなかったので、今回は床下に断熱材を敷き詰めます。
トイレの場合は熱が逃げないよりは床下からの底冷えを抑えることが目的です。


↑新しい根太(ねだ)の間に断熱材を敷き詰めます。


↑今回のトイレは仕上げ材はクッションフロアになります。
床下からの湿気で床鳴り等を軽減するためにも2重に床下合板を張ります。

これで床下地完了です。

つづく。

第一建築業