第2258回:『山間の家』グラスウール断熱工事~壁編~

『山間の家』の現場です☆☆

↓先回はこちらをご覧ください

第2254回:『山間の家』外回り工事進む

 

↓断熱材が到着しました、グラスウールです

 

↓120mmの厚みの断熱材を採寸して

 

↓壁に埋め込んでいきます

 

↓コンセント廻りですね

気密カバーを取り付けます。

 

断熱材を入れたら、

↓胴縁(どうぶち:下地)を取り付けます

マス目状になりましたね。

 

お次は”空気だまり”を改善する作業をします。

↓こちらはビフォーです

 

↓アフターです

胴縁で抑えられていた断熱材を切り、平になりましたね。

胴縁の上の部分に断熱材がしっかり納まっていないと、「空気溜まり」ができます。

ここに空気が溜まり、後の内部結露の原因の1つになります。

 

↓その上に気密フィルムを張ります

右側2/3に透明のフィルムが張られましたよ。

床から梁まで隙間無く張っていきます。

 

↓床と壁の境目に気密テープを貼って完成です

 

つづく。

 

第一建築業