第2259回:『山間の家』グラスウール断熱工事~天井編~

昨日に引き続き『山間の家』の現場です😊

↓先回はこちらをご覧ください

第2258回:『山間の家』グラスウール断熱工事~壁編~

 

まずは、

↓天井に野縁(のぶち)を回します

天井板の下地ですね。

野縁に天井板を打ち付けます。

 

そして、

↓グラスウール到着です

 

 

↓天井に透湿シートを張ります

これはグラスウールを吹き込むのですが、その際にグラスウールは吹き込んで、空気は抜けるようなシートです。これでグラスウールを奥まで詰めることが出来ます。

 

↓そこへグラスウールを入れていきます

ホースからグラスウールを吹き込んでいきます。

 

↓こちらはトラックに積んであるグラスウールを吹き込む装置です。

 

↓手と耳で厚みを確認しています

天井の断熱材の厚みは220mmです!

断熱はもちろんですが、防音効果もありますよ😉

グラスウールは防火性能もありますよ!!

熱を逃がさず、音も押さえて、防火もする、多機能材料ですね。

 

最後に

↓気密シートを張り

壁・柱・電気配線等の継ぎ目を気密テープで固定します。

 

↓電気配線廻りもバッチリです

 

つづく。

 

第一建築業