第2392回:雨漏り修理

少し前に、雨漏りの修理工事を行いました。

 

↓先回はこちらをご覧ください

第2336回:雨漏り調査

 

まず、雨漏りの原因なのですが、散水試験の結果わかりました。

↓ここです

外壁材と出隅材の隙間から、雨が入ったようです。

これは16年前の横張りの鉄板サイディングですが、当時は出隅材を先に取り付けるタイプなんですね。

職人さんたちは通称「イカ頭」と呼ぶ出隅材で先に出隅を取り付けます。

出隅の内側をビスで留めます。

そして出隅の中に隙間があるので、外壁を横から差込んでて仕上げるタイプなのです。

※最近の鉄板サイディングの出隅材は2つに分解されるので下地の出隅を取り付け、

外壁を張り、最後に仕上げの出隅を取り付けます。

 

雨漏りが発生した時は、横殴りの雨が横張りの鉄板サイディングを伝って出隅の内側に入り、

ビスを伝って中に侵入したようです。

 

↓今回の対応方法としてはコーキングで隙間を塞ぎます

こちらのお宅は出隅部分は全てコーキングがされていませんでした。

本来であれば、全ての出隅周りをコーキングで塞ぐべきなのですが、

今回は横殴りの雨を受け易い、雨漏りが発生した部分のみの対応です。

 

↓コーキング後

もう1度散水試験を実施して、水が入らないことを確認します。

 

↓そしてベランダのウッドデッキ部分です

木の腐食があり、沈むので。。。

 

↓新しくしました

杉板で造りなおしました、今回は塗装仕上げしてあります。

 

お次は、天井の張替です。

↓天井板のテックスを剥がした状態です

 

↓今までと同様に

石膏ボードを張り、

 

↓その上にテックス(天井板)を張っていきます

 

↓完成です

一緒に照明も交換しました。

 

つづく。

 

第一建築業