第3081回:『上田尻の家』外壁下地と通気経路

『上田尻の家』の現場です。

 

↓先回はこちらをご覧ください

第3080回:『上田尻の家』南面の窓には庇を取付けます

 

↓外壁下地の胴縁を取付けます

縦胴縁なので、外壁は横張りになります。

 

↓こちらは軒です

外壁と防水シートの間の通気層では温度変化に応じて、温まった空気が上昇して、胴縁の間から空気が入り、

 

↓軒天の有効ボードから空気が出ていきます

空気の移動の中で壁の中から出てくる湿気も上昇気流に乗って、外部に排出されます。

 

↓軒の中です

 

↓庇の屋根の部分にも、板金が巻かれました

手前の丸いダクトは3種換気(給気:自然、排気:機械)の給気ダクトです。

雨が入らないように、気密テープでしっかり留めています。

 

次回は外壁張りの予感です。

 

つづく。

 

第一建築業