第17回:矩計図(かなばかりず)


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ
今日は週末、作成した矩計図(かなばかりず)を参考に大工さんと打ち合わせです。


矩計図とは、簡単にいうと、造作物の断面図のことです。


例えば、カウンターを作る場合、カウンターの天版の高さや、壁の厚さ、仕上げ方(釘やビスの打つ位置)などを記載します。


第一建築業の場合は、設計士と大工職人がいるので、色々なバランスを考えます。


こう作った方が使いやすい、

こう作った方がデザインがカッコい、

こう作った方が早くできる

こう作った方がが丈夫だ、などなど、状況に応じて最適な施工方法を選びます。


今回のカウンターは幅が広く、店舗で使用するため、丈夫で、見栄えがするカウンターになるように検討しました。


打ち合わせをすることで、気付かなかったことに気づいたり、面白いアイデアが出たりします。

そして図面の精度も上がります。


出来上がりが楽しみです。