第53回:親柱

今日は親柱(おやばしら)を建ててきました。


親柱とは、階段の端に建つ柱の事です。


一般的に住宅ではこの親柱を腰壁(こしかべ、腰高さくらいの壁)にして手すりとして利用したりします。


今日はその写真を載せようとしたのですが、急きょ、消防団の消火活動が入ってしまい、写真がとれずじまいでした。。。


写真を載せないで説明するのはなかなか難しいですね。


親柱についてはまた今度、ご説明します。