第68回:作図作業

今日はリフォーム工事の図面を仕上げていました。


必要な図面によって、手書きとCAD(コンピュータ上で作成する図面)を使い分けています。


図面にも色々種類があります。


敷地図(敷地を示す図面です)

平面図、

立面図、

伏せ図(上空から見た材木の継ぎ手を示す図面です)、

矩計図(建物の断面を示す図面です)、

造作図面(棚などの大きさや位置を示す図面です)、

金物図(金物の位置を示す図面です)

仕上げ表(各部屋で使用する材料を示す表)


など、状況によって作っています。


図面を書いていると時間を忘れて書きこんでしまいます。

(細かく書き過ぎて、自己満足にならないように気をつけています。。。)


そんなわけで、今日も写真なしです。