第104回:お風呂解体


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

今日はお風呂のリフォーム現場です。


タイル張りのお風呂を取りだして、ユニットバスを設置します。


今日は「スキトリ」作業です。


「スキトリ」は風呂ガマを取り外して下に詰まっているコンクリート、土を取りだします。


「掘削(くっさく)」とも言います。


これはユニットバスを設置する下部にコンクリートを打つ為です。


お風呂は風呂桶にお湯を貯めたりして、結構な重量になります。


だいたい、500kgから800kgぐらいです。

(メーカーによって異なります)


その重さに耐えれるように、下にコンクリートを打ちます。


高さは洗面所とユニットバスがバリアフリー(段差が無い状態です)になるように高さを算出します。


高さに合せて、不要なコンクリート、土を取りだしています。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

外に出されたコンクリートガラと土です。


結構な量がでるんですよ。