第153回:電柱をどこに立てる?


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

今日は電柱設置の打ち合わせがありました。

お客さんと電力業者の担当者と電気屋さんと打ち合わせです。


新しい土地で電気を使用する場合、電気の引き込み工事があります。

道路の脇に立っている電柱から電気を引き込む位置を決めなければなりません。


電柱が近くに立っていればそこから引き込むのですが、距離がある場合は支柱を立てなければなりません。

お客さんの敷地内に立てるとあれば、今後の計画を踏まえて設置する必要があります。

(例えば、支柱が邪魔で車が止めにくい、小屋を建てる予定があるなど)


また、色々な制約事項があります。


・本線から敷地に引き込む際は4m以上の高さが必要。

・電線の離隔距離(窓等がある場合、窓から電線に手が届かないようにする)が120cm必要。


今回は少し特殊な敷地だったので色々難航しましたが、すべてを満たす位置が見つかりました。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ

頭上にある電線は色々な制約をクリアして通っていることを改めて知ることができました。