第154回:羽目板(はめいた)

今日はリフォーム工事の現場からです。


お盆明けから行っていた増築工事が終盤に近づいてきました。


新潟県柏崎市の第一建築業のいちけんブログ


写真は少しアップですが、「羽目板(はめいた)」といいます。


室内で腰くらいの高さで壁に張っていきます。

木材は「檜(ひのき)」です。


無垢材なので、調湿効果、消臭効果も期待できます。

檜は油分が多く、バニラみたいな甘い香りがしますよ。

(香りの感想は僕の判断です)


最近は内装はクロスや漆喰の塗り壁が多いですが、羽目板を張ると部屋の印象が変わってきます。


完成時には部屋の雰囲気をお伝えしたいと思います。